コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノランダ Noranda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノランダ
Noranda

カナダ,ケベック州南西部の鉱山町。 1922年にノランダ鉱山会社によって建設され,26年町制施行。古生代の絹雲母片岩を母岩とする銅鉱床を採掘し,隣町のルーアンとともに銅,金鉱業中心地となっている。人口 8870 (1986) 。

ノランダ
Noranda Inc.

カナダのかつての大手非鉄金属メーカー。 1922年にノランダ・マインズとして設立。当初は銅を主力に金,鉛,亜鉛などの生産活動を行なった。その後,プラスチック,電線・管類,アルミニウムなどの生産に乗り出し,さらに木材製品,石油,ガス事業にも進出した。 1984年ノランダに社名変更。ニッケル,銅,亜鉛,コバルトなどを主力とする金属・鉱石部門を中核に,石油・ガス部門,さらに製造部門は付加価値の高いアルミニウムの精錬および製品生産,ワイヤ,ケーブルなどに力を入れた。 2005年カナダの非鉄金属メーカー,ファルコンブリッジと合併してファルコンブリッジの社名を継承したのち,2006年スイスの鉱山大手エクストラータに買収された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ノランダの関連キーワード塊状硫化物鉱床

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android