コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーアン ルーアン Rouyn

7件 の用語解説(ルーアンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーアン
ルーアン
Rouyn

カナダ,ケベック州南西端の鉱山都市オンタリオ州に近いオシスコ湖畔に位置する。 1922年金・銅鉱の発見とともに居住が始った。西隣のノランダとともに州西部の鉱業地域の商業,経済の中心地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ルーアン
ルーアン
Rouen

フランス北西部,セーヌマリティム県の県都。パリ北西約 120km。セーヌ川の重要な河港。パリの外港で,外洋船の入港が可能。古くはローマの商業中継地として栄えた。9世紀中頃ノルマン人が占領,912年ノルマンディー公国の首都。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ルーアン(Rouen)

フランス北部、セーヌ川下流の河港都市。パリの外港。繊維などの工業が発達。古くはノルマンディー公国の首都。1431年ジャンヌ=ダルクが処刑された地。歴史的建造物が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルーアン

フランス北部,セーヌ・マリティム県の県都。パリ北西約123km,セーヌ川右岸の商工業都市。造船・金属・精油・化学・繊維の諸工業が行われる。パリの外港で,食品,炭化水素,木材,繊維,熱帯果物,ブドウ酒,工業製品などが輸出入される。
→関連項目ノルマンディー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルーアン【Rouen】

フランス北部,セーヌ・マリティム県の県都。人口10万5000(1990)。パリとル・アーブルの中間にあるセーヌ河畔の工業都市で,ノルマンディーの旧主都。古来パリの外港として発展し,現在は石炭,石油,木材などの輸入と,パリ,ルーアンで生産される工業製品の輸出が行われる。伝統的な紡績工業に加えて製鉄,造船業などの重工業のほか,近年は石油化学工業の発展が著しい。 ノートル・ダム大聖堂は,フランスゴシック建築の代表作の一つで,大半が13世紀に建てられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ルーアン【Rouen】

フランス北部、セーヌ川下流にある河港都市。パリの外港をなし、工業が盛ん。古くノルマンディー公国の首都。ルアン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーアン
るーあん
Rouen

フランス北西部、セーヌ・マリティーム県の県都。パリの北西123キロメートルに位置し、セーヌ川が市内を貫流する。ノルマンディー地方の古くからの中心都市。人口10万6592(1999)。ローマ時代からの歴史の古い町で、第二次世界大戦中は連合軍の爆撃で甚大な被害を受けたが、ノートル・ダム寺院、サントゥアン教会、サン・マクルー教会、時計塔、裁判所などのゴシック建築のほか、多くの歴史的建造物が保存されている。大学、控訴院、司教座教会などがあり、第三次産業が主産業で、商業・観光の中心地。河港ながらフランス第4位の商港を有し、西88キロメートルのセーヌ河口に位置するル・アーブルとともに一大工業地帯を形成し、繊維、鉄鋼、化学、食品、石油工業も発達している。ルーアン織はこの町の特産物。[高橋伸夫]

歴史

ケルト時代、ウェリオカッセース人の根拠地で、ラトマグスRatomagus, Ratumagusとよばれた。紀元前1世紀中期以来ローマの支配下に入り、紀元後3世紀にはキリスト教の司教座が置かれ、また北方交易の拠点となった。フランク時代にはその地方伯居住地となったが、841年侵攻したノルマン人に焼かれ、911年サン・クレール・シュール・エプト協約によって成立したノルマンディー公国の首都となった。文化的・経済的活力を取り戻して内外交易の拠点となり、サントゥアン教会など主要な寺院も建立された。12世紀にはコミューヌ(自治都市)を宣言し、「ルーアン市憲章」Etablissement de Rouenを定め、拡大した街を囲む新たな城壁が築造されるほど発展した。13世紀にフランス王フィリップ2世に征服されたが、商人寡頭政の特権都市として保障され、パリとの交易はいっそう密接になり、海軍工廠(こうしょう)も創設され、ハンザ諸都市との関連も深くなり経済的繁栄がもたらされた。しかし、14、15世紀の百年戦争期には、ペストの流行も加わり、その交易上の特権も喪失して衰退した。また、ジャンヌ・ダルク裁判と処刑(1431)の場となった。16世紀に入ると、王権の強化に応じ旧ノルマンディー公法廷がルーアン高等法院となり(1515)、王政の地方拠点都市となった。手織、亜麻(あま)布、製紙工業がおこり、西欧交易も回復した。18世紀にはアフリカとアンティル諸島を結ぶ三角貿易の一角を担った。[千葉治男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルーアンの関連キーワードサンドニセーヌ川ディエップノルマンディームランオートノルマンディーサンマクルー教会ジャンヌダルク教会ビルキエル・アーブル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルーアンの関連情報