ノーサイド(英語表記)no side

デジタル大辞泉「ノーサイド」の解説

ノー‐サイド(no side)

味方区別がない
ラグビーで、試合終了のこと。
(比喩的に)戦い争いが終わったのち、互い健闘をたたえ合うこと。また、和解すること。
[補説]1は主に日本で用いられる。海外では「フルタイム」が一般的。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ノーサイド」の解説

ノーサイド
no side

ラグビーで,試合の終了をいう。原義は,試合が終わった瞬間に敵味方の区別がなくなること。ラグビーは紳士のスポーツとされ,戦いのあとはお互いの健闘をたたえ合うという精神が尊重される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス「ノーサイド」の解説

ノーサイド

日本のポピュラー音楽。歌はシンガーソングライター松任谷由実。1984年発売のアルバム「NO SIDE」収録曲。富士フイルムビデオテープ「スーパーHG HiFi」のCMソング

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ノーサイド」の解説

ノー‐サイド

〘名〙 (no side 敵、味方の側(サイド)が無い、の意) ラグビーで、試合終了のこと。〔現代語大辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android