コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ[7世] Heinrich VII

世界大百科事典 第2版の解説

ハインリヒ[7世]【Heinrich VII】

1275ころ‐1313
ルクセンブルク家初のドイツ王(在位1308‐13),神聖ローマ皇帝(在位1312‐13)。ハプスブルク家アルブレヒト1世の暗殺によって王権強化策が失敗した後,諸侯は1273年のハプスブルク家と同様,西ドイツの一諸侯である彼を国王に選んだ。弟のトリール大司教バルドゥインの強力な工作があった。婚姻政策で息子ヨハンJohannにボヘミア王位を相続させ(1310),ハプスブルク家と同様家門の重心を東へ移した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハインリヒ[7世]の言及

【フリードリヒ[2世]】より

…オットー4世がフランス王にブービーヌで大敗した(1214)のち,アーヘンで再び王冠を戴き単独支配を確立。20年聖界諸侯への特権授与とひきかえに,長子ハインリヒ7世Heinrich VIIを国王に選出せしめ,みずからはイタリアに帰って皇帝となる。25年第2の妃イザベッラとの結婚を通じてエルサレム王国を取得,29年にはエジプトのアイユーブ朝スルタン,カーミルとの外交協約により同地への支配権を実現する。…

【フリードリヒ[2世]】より

…シュタウフェン朝最後の神聖ローマ皇帝(在位1220‐50),シチリア王(在位1197‐1250)。ハインリヒ6世とシチリア王女コンスタンツェ(ノルマン朝シチリア王ルッジェーロ2世の息女)の間にパレルモに生まれる。1196年ハインリヒ6世はこの幼児をドイツ国王に選ばせたが,翌97年同帝の予測せぬ死により情勢は激変,ドイツにはウェルフェン家のオットー4世とハインリヒ6世の弟フィリップ(シュタウフェン家)の二重王権の対立状態が現出する。…

※「ハインリヒ[7世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハインリヒ[7世]の関連キーワードアルブレヒト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android