コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハキダメギク

百科事典マイペディアの解説

ハキダメギク

キク科の一年草。熱帯アメリカ原産の帰化植物で都会地の路傍などにはえる。全体に柔らかく,茎は高さ10〜40cm,葉は対生し,卵形。6〜11月に咲き,頭花は径約5mm,黄色の筒状花と,白色で3裂した舌状花からなる。
→関連項目帰化植物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハキダメギク【Galinsoga quadriradiata Ruiz et Pavon】

熱帯アメリカ原産のキク科の一年草(イラスト)。大正時代(1912‐26)に帰化し,関東地方以西の各地のごみ捨場や道ばたなどに生える。茎はよく分枝し,高さ60cmに達する。茎や花柄には開出毛があり,ときに綿毛がある。葉は対生し,薄くて3条脈がある。花期は6~11月。花は舌状花と筒状花とからなる頭花である。舌状花は白色で,5枚内外,先が3浅裂する。筒状花は黄色で先が5裂する。本種によく似たものにコゴメギクG.parviflora Cav.がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハキダメギク
はきだめぎく / 掃溜菊
[学]Galinsoga quadriradiata Ruiz et Pav.

キク科の一年草。茎は高さ10~60センチメートル、よく枝分れし、柔らかく、全体に毛が多い。葉は対生し、卵形で三行脈がある。6~11月、径4~5ミリメートルの小形の頭花を次々に開く。管状花は黄色で多数、舌状花は白色で約5個。痩果(そうか)は紫黒色を呈し、冠毛は短い鱗片(りんぺん)状で上部の縁(へり)が刺(とげ)状に分かれる。中央アメリカ原産の帰化植物で、雑草として全世界に広がっている。名は、本種が日本でみつかったとき、掃きだめに生えていたことによる。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android