ハゲタカ

FX用語集の解説

ハゲタカ

企業買収を仕掛ける際に、対象企業の株式や社債などが安くなっているタイミングを狙って買収し、その企業の経営に深く関与して企業価値を高めた後に売却することで、高い利回りを獲得することを目的としたファンドのことを皮肉るときに使う俗語。ハゲタカ(禿鷹)獲物を捕らえやすいよう、その獲物の体力が弱っているときを狙うことに由来した言葉。「ハゲタカ・ファンド」とも呼ばれております。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ハゲタカ

日本のテレビドラマ。放映はNHK(2007年1月~3月)。全6回。原作:真山仁による経済小説。脚本:林宏司。音楽:佐藤直紀。出演:大森南朋、柴田恭兵、栗山千明ほか。放送文化基金賞、ギャラクシー賞など国内で数多くの賞を受賞したほか、第一話は第50回イタリア賞(シリーズドラマ部門)を受賞している。映画化作品(2009年公開)もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハゲタカの関連情報