コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナカメムシ ハナカメムシ Anthocoridae; flower bug

2件 の用語解説(ハナカメムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナカメムシ
ハナカメムシ
Anthocoridae; flower bug

半翅目異翅亜目ハナカメムシ科に属する昆虫の総称。種々の植物の花や葉の上などにみられるカメムシ。体長 1.5~4mmほど。体は扁平で,黒っぽく光沢がある。頭頂は複眼をこえて前方に突出し,複眼の間には2個の単眼がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナカメムシ
はなかめむし / 花椿象・花亀虫
flower bug

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目ハナカメムシ科Anthocoridaeの昆虫の総称。カスミカメムシ科(旧メクラカメムシ科)Miridaeに似ているが、頭部は前方に突出し、2個の単眼がある点で異なる。また、長翅型では前翅にくさび状部を欠く。触角は4節からなり、前胸背は鐘状を呈し、その前葉部は隆起する。長翅型においては、前翅膜質部の脈は室をつくらない。脚(あし)は短く、前腿節(ぜんたいせつ)が太くなることがある。小形のカメムシで、おもに肉食性。種々の昆虫の卵、幼虫、成虫のほか、ハダニなどを捕食する。そのため、多くの有益種を含んでいる。ヒメハナカメムシOrius sauteriは体長約2ミリメートルと小形で、体が黒褐色で半翅鞘(しょう)は白っぽい。花上や葉、枝上に生活し、小昆虫やハダニを捕食する。ズイムシハナカメムシLyctocoris beneficusは体長約4ミリメートルで、色彩は前種に似る。稲藁(いねわら)に潜むニカメイチュウを捕食する有益種である。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハナカメムシの関連キーワード異翅類椿象花椿象アオクサカメムシイトカメムシ(糸亀虫)カメムシ(亀虫∥椿象)キンカメムシ(金亀虫)ツチカメムシ(土亀虫)ハナカメムシ(花亀虫)ホシカメムシ(星亀虫)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハナカメムシの関連情報