コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナカメムシ Anthocoridae; flower bug

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナカメムシ
Anthocoridae; flower bug

半翅目異翅亜目ハナカメムシ科に属する昆虫の総称。種々の植物の花や葉の上などにみられるカメムシ。体長 1.5~4mmほど。体は扁平で,黒っぽく光沢がある。頭頂は複眼をこえて前方に突出し,複眼の間には2個の単眼がある。触角は4節。前胸背は鐘状形で前葉部は隆起する。前翅は楔状部を欠く。短翅型のものもある。肢は短く,腿節は太いが,続く脛節は細い。食虫性で,各種の昆虫の卵,幼虫,成虫やハダニ類を吸食するので,農業や園芸に益虫となるものが少くない。ズイムシハナカメムシ Lyctocoris beneficusは現在はかなり減少したが,刈取り後の稲わらにひそむズイムシ (ニカメイチュウ) を攻撃して吸食する重要種で,体長 4mm内外,体は黒褐色で,前翅は白っぽい。 (→異翅類 , 半翅類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナカメムシ
はなかめむし / 花椿象・花亀虫
flower bug

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目ハナカメムシ科Anthocoridaeの昆虫の総称。カスミカメムシ科(旧メクラカメムシ科)Miridaeに似ているが、頭部は前方に突出し、2個の単眼がある点で異なる。また、長翅型では前翅にくさび状部を欠く。触角は4節からなり、前胸背は鐘状を呈し、その前葉部は隆起する。長翅型においては、前翅膜質部の脈は室をつくらない。脚(あし)は短く、前腿節(ぜんたいせつ)が太くなることがある。小形のカメムシで、おもに肉食性。種々の昆虫の卵、幼虫、成虫のほか、ハダニなどを捕食する。そのため、多くの有益種を含んでいる。ヒメハナカメムシOrius sauteriは体長約2ミリメートルと小形で、体が黒褐色で半翅鞘(しょう)は白っぽい。花上や葉、枝上に生活し、小昆虫やハダニを捕食する。ズイムシハナカメムシLyctocoris beneficusは体長約4ミリメートルで、色彩は前種に似る。稲藁(いねわら)に潜むニカメイチュウを捕食する有益種である。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハナカメムシの関連キーワードLyctocoris beneficusハナカメムシ(花亀虫)茶色花亀虫紋白花亀虫姫花亀虫黒花亀虫花椿象花亀虫

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android