コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハブカズラ Tonga climber

2件 の用語解説(ハブカズラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハブカズラ【Tonga climber】

よじのぼるサトイモ科のつる性多年草。観賞用に温室に栽植される。茎はつる性で,付着根で他物によじのぼり,また気根を出す。対生する葉は若い時期には円心形単葉であるが,老熟した部分につくものは長円形となり,長さ約50cm,羽状に深裂する。葉腋(ようえき)より長さ10cmほどの花茎と,緑白色の仏焰苞(ぶつえんほう)につつまれた円柱形の肉穂花序を出す。肉穂花序も緑色,円柱形で,長さ10cmあまり,6枚の花被片を有する両性花をぎっしりと密集させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハブカズラ
はぶかずら
[学]Epipremnum mirabile Schott

サトイモ科の熱帯性つる植物東南アジア南太平洋諸島、西表(いりおもて)島などに自生し、薄暗い密林の中で、樹木の幹に気根ではい登って生育している。茎は径3センチメートルのつる状で、長さ5メートルにも育つ。葉は互生し、鮮緑色、楕円(だえん)形で、長さは30センチメートル以上。羽状に深裂するが、若葉は裂け方が少ない。全体が、同じくサトイモ科のモンステラやフィロデンドロンとよく似ている。花はトウモロコシに似た肉穂花序である。黄色の斑(ふ)が入る変種が観葉植物としてよく利用される。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハブカズラの関連キーワードスパティフィラムポトス食わず芋コロシントタロ芋オキシカルジウム捏ね芋蓮芋攀じ登るコンニャク

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone