コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマザーニー al‐Hamadhānī

2件 の用語解説(ハマザーニーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハマザーニー【al‐Hamadhānī】

968‐1008
イスラムの文筆家。マカーマート文学の創始者。ハマザーン(ハマダーン)に生まれ,イラクイランの諸都市を遍歴し,上は王侯から下は乞食に至るまでさまざまの社会層の人間と交わり,その体験をもとにアラビア語で散文説話文学《マカーマート》を著した。これは当時の社会と人間の実相が縮図化されたもので,その意味でも貴重である。400以上のアラビア語,ペルシア語の著作のうち,52が現存する。【花田 宇秋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマザーニー
はまざーにー
Ab al-Fadl al-Hamadhn
(969―1007)

中世ペルシアのアラビア語詩人で、マカーマmaqmah作者。バディー・ウッ・ザマーン(当代の驚異)の通称で広く知られた。ペルシアのハマザーンに生まれる。994年にネイシャーブールでつくった『マカーマート』Maqmt51編は、マカーマ形式による有韻散文の物語集である。全体を通じての主人公はイスカンダリーヤ(アレクサンドリア)生まれのアブ・ル・ファトフで、マカーマ形式の常として、この主人公の機知に富んだ道化で読者や物語の聞き手を笑わせ楽しませる。この作品は広く愛好され、この形式を模した者も多く、ハリーリーの『マカーマート』とともに傑作とされる。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハマザーニーの言及

【マカーマート】より

…単数形はマカーマmaqāma。10世紀ハマザーニーによって創作され,11世紀ハリーリーによって大成された。主人公は学識,詩才,機知に富み,加えてずる賢い。…

※「ハマザーニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハマザーニーの関連キーワード花山天皇安和花山天皇花山天皇米塚禎子紫式部日記安和小野好古康保源頼信

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone