コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマダイコン

百科事典マイペディアの解説

ハマダイコン

アブラナ科の二年草ダイコンが野生化したもので,ふつう海岸砂地にはえる。ダイコンに似ているが全体細めで,根は長くのびて,肥厚しない。茎は高さ40〜80cm,葉は羽状に裂ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマダイコン

ダイコン(大根)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマダイコン
はまだいこん / 浜大根
[学]Raphanus sativus L. var. raphanistroides Makino

アブラナ科の多年草。ダイコンの名がついているが、根はあまり肥厚しない。茎は高さ約60センチメートル、まばらに分枝し、粗毛がある。葉は互生し、両面に堅い毛を散生し、羽状に裂け、裂片は上部のものほど大きい。4~6月、総状花序をつくり、淡紅紫色花を開く。花弁は紫色の脈があり、基部に長いつめがある。角果は数珠(じゅず)状にくびれて2~5個の種子をつけ、熟しても裂開しない。ダイコンの野生化したもので、海岸の砂地に生え、日本および朝鮮半島南部に分布する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハマダイコンの関連キーワード出雲おろち大根賀茂十一野菜アブラナ科ハマちゃん節莢果