コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマヒサカキ

百科事典マイペディアの解説

ハマヒサカキ

ヒサカキ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマヒサカキ
はまひさかき / 浜
[学]Eurya emarginata (Thunb.) Makino

ツバキ科の常緑低木。基部から多くの枝に分かれる。若枝に淡褐色の短毛を密生する。葉は細長い卵形で長さ2~4センチメートル。雌雄異株。秋、葉腋(ようえき)に花を1~3個束生する。萼片(がくへん)、花弁ともに5枚。雄花には雄しべが多数ある。液果は球形、翌年の冬に黒色に熟す。関東地方以西の本州から沖縄の暖地の海岸に生え、朝鮮半島、中国に分布する。近縁種ヒサカキは若枝は毛がなく、葉は細長い楕円(だえん)形であるので区別される。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハマヒサカキの言及

【ヒサカキ】より

…庭木としても広く用い,斑(ふ)入りの品種は鉢植えの観葉植物になる。ヒサカキよりは南に野生する同属のハマヒサカキE.emarginata Makinoも庭木,生垣に使われている。【石沢 進】。…

※「ハマヒサカキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハマヒサカキの関連キーワード竹島(鹿児島県)鳥取(県)足摺岬赤碕

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android