ハリアリ(読み)はりあり(英語表記)ponerine ant

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリアリ
はりあり / 針蟻
ponerine ant

昆虫綱膜翅(まくし)目アリ科ハリアリ亜科Ponerinaeの昆虫の総称。世界に広く分布する。体長はさまざまであるが、大きな種では2.5センチメートルに達する。原始的なアリと考えられ、尾端に刺針をもつ。肉食性で、シロアリやほかの小昆虫などを捕食する。巣の構造は単純で、地中、石下、朽ち木の中などにつくられる。コロニー当りの個体数は比較的少ない。日本では、ノコギリハリアリ、オオハリアリなど二十数種が知られている。[山内克典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android