コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルドワール ハルドワール Hardwār

2件 の用語解説(ハルドワールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルドワール
ハルドワール
Hardwār

インド北部,ウッタルプラデーシュ州北西部の町。デリー北東約 160km,シバーリク山脈南麓,ガンジス川が丘陵地に流入する地点の東岸に位置。ヒンドゥー教の聖地で,ダクシェシュワル寺院の沐浴場の壁には,ビシュヌ神の足型が残るとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハルドワール【Hardwār】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州北西端にあるヒンドゥー教の一大聖地。ガンガー(ガンジス)川がヒマラヤ山脈からインド大平原に流下する出口に位置する。人口14万7000(1991)。ガンガー川の渓流が美しく,古代起源の聖地として有名。廃墟と化したとりでと三つのヒンドゥー寺院が往時の繁栄をしのばせる。ハルドワールとは,〈ビシュヌ神へ通じる門戸〉を意味する。全国より訪れる巡礼者は,それぞれ寺院の参拝をすませると,ガンガードワーラ寺院に隣接するガート(沐浴場)で身を清める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハルドワールの関連キーワードカナウジウッタルプラデシュウッタラカンドラクノウナンダ・コット[山]ウッタル・プラデーシュ[州]デーラー・ドゥーンバゲールカンドブンデールカンドマディヤ・プラデーシュ[州]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone