コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロゲン化銀 ハロゲンカギン

百科事典マイペディアの解説

ハロゲン化銀【ハロゲンかぎん】

ハロゲン族元素と銀の化合物。写真乳剤の主剤で,感光成分。通常,フィルムにはAgBr(臭化銀)とAgI(ヨウ化銀)が,印画紙にはAgBrとAgCl(塩化銀)が使用される。
→関連項目潜像増感定着液複写

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ハロゲンかぎん【ハロゲン化銀】

ハロゲンと銀との塩。一般式 AgX フッ化銀・塩化銀・臭化銀・ヨウ化銀の類で、塩化銀・臭化銀・ヨウ化銀は感光材料に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のハロゲン化銀の言及

【感光】より

…表に示した解像力は,画像をつくる場合,狭い間隔で並んだ線を画像として再現しうる性能を示すもので,ジアゾ材料の解像力は大きい。
[写真フィルムの感光]
 一般写真撮影に使うフィルムはハロゲン化銀を感光物質としている。写真フィルムが感光した場合このハロゲン化銀はどのように変化するであろうか。…

【現像】より

…この処理が現像である。フィルムや印画紙中の感光物質は,臭化銀や塩化銀などのハロゲン化銀結晶であって,ハロゲン化銀が光の作用を受けるとその結晶中に微細な銀原子集団を作る。これを潜像という。…

【定着】より

…撮影済みの感光材料を現像した後,感光層中の残存感光物質を除去して画像を安定にする処理のこと。一般の写真,映画で使用するフィルムは黒白写真,カラー写真ともに感光物質としてハロゲン化銀を用いている。カメラ撮影によって露光されたフィルムは還元性有機化合物を含む現像液で現像し,感光したハロゲン化銀を銀に還元して画像を作る。…

※「ハロゲン化銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハロゲン化銀の関連キーワードベックレル効果(写真)フォトクロミックガラスフォトクロミック効果ガーネイ‐モット理論ヨウ化銀(沃化銀)フォトクロミックシューマン乾板X線フィルム写真フィルム写真感光材料紫外線写真銀塩カメラ原子核乾板写真感度銀塩写真増感色素化学増感液相成長感光材料反転現像

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハロゲン化銀の関連情報