コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンガイ[山脈] ハンガイ

2件 の用語解説(ハンガイ[山脈]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ハンガイ[山脈]【ハンガイ】

モンゴルの西部を北西から南東に走る山脈。平均標高は3000m。最高峰はオトゴン・テングリ山(3905m)で,ウリヤスタイ東方にそびえる。この山脈の形成する高原一帯は有数の牧草地をなすが,東部のオルホン川上流域一帯はとくにすぐれ,また交通の要地でもあったので,突厥(とっくつ),ウイグルモンゴルなどの遊牧国家根拠地が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハンガイ[山脈]【Khangghai】

モンゴル高原北部をアルタイ山脈に平行して走る山脈。長さ700km,標高2000~3000m。最高峰はオトゴン・テングリ(エンフ・タイワン)山で3905m。中部に玄武岩が広く分布する。氷河は今は小さい。セレンゲ,オルホン,ザバハンなどの川が発し,森林ステップが広がる。ただ2600~2700m以上は高山帯であり,主脈の南側の中腹以下は純ステップ地帯に属する。水草に恵まれ遊牧に最適で,狩猟の獲物も多い。なかでも東部のオルホン川上流域一帯はとくにすぐれ,しかも交通の要地でもあったので,突厥(とつくつ),ウイグル,モンゴルなどの遊牧国家の根拠地が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハンガイ[山脈]の関連キーワードアルタイオノン川天山山脈モンゴル語モンゴル帝国モンゴル文字内モンゴル自治区蒙古アルタイ山脈ナイマン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone