ハンガイ[山脈](読み)ハンガイ

  • Khangghai
  • 山脈

百科事典マイペディアの解説

モンゴルの西部北西から南東に走る山脈。平均標高は3000m。最高峰はオトゴン・テングリ山(3905m)で,ウリヤスタイ東方にそびえる。この山脈の形成する高原一帯は有数牧草地をなすが,東部オルホン川上流域一帯はとくにすぐれ,また交通の要地でもあったので,突厥(とっくつ),ウイグルモンゴルなどの遊牧国家根拠地が置かれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンゴル高原北部をアルタイ山脈に平行して走る山脈。長さ700km,標高2000~3000m。最高峰はオトゴン・テングリ(エンフ・タイワン)山で3905m。中部に玄武岩が広く分布する。氷河は今は小さい。セレンゲ,オルホン,ザバハンなどの川が発し,森林ステップが広がる。ただ2600~2700m以上は高山帯であり,主脈の南側の中腹以下は純ステップ地帯に属する。水草に恵まれ遊牧に最適で,狩猟獲物も多い。なかでも東部のオルホン川上流域一帯はとくにすぐれ,しかも交通の要地でもあったので,突厥(とつくつ),ウイグル,モンゴルなどの遊牧国家の根拠地が置かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android