コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハン

デジタル大辞泉の解説

はん【汎】

[接頭]《英語のpanに「汎」の字を当てたもの》名詞に付いて、広くそのすべてにわたるという意を表す。「太平洋同盟」「アジア主義」「アメリカ」

はん【汎】[漢字項目]

常用漢字] [音]ハン(漢)
水面に浮かぶさま。「汎汎(はんぱん)
広く行き渡る。「汎愛汎称汎用汎論広汎
水があふれる。「汎濫(はんらん)」
pan-の音訳字。全の意。「汎米主義
[補説]12は「泛(はん)」と通用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はん【汎】

( 接頭 )
〔英語の接頭辞 pan の音訳〕
名詞に付いて、広くそのすべてにわたるという意を表す。 「 -アジア主義」 「 -アメリカ会議」 「 -理論」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

汎の関連キーワードオットー・フォン ハプスブルクN.B.デ フレーチャトーレスシルベスター=ウィリアムズクーデンホーフ=カレルギーパン・アフリカニズム第6回汎アフリカ会議パンアメリカニズムアフワーズ解放機構マンチェスター会議汎下垂体機能低下症汎ヨーロッパ主義ラグランジュ関数パンクロマチック汎アメリカ主義汎アフリカ主義汎ゲルマン主義汎イスラム主義汎アメリカ会議グローバリズムサラエボ事件

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

汎の関連情報