コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハン

デジタル大辞泉の解説

はん【汎】

[接頭]《英語のpanに「汎」の字を当てたもの》名詞に付いて、広くそのすべてにわたるという意を表す。「太平洋同盟」「アジア主義」「アメリカ」

はん【汎】[漢字項目]

常用漢字] [音]ハン(漢)
水面に浮かぶさま。「汎汎(はんぱん)
広く行き渡る。「汎愛汎称汎用汎論広汎
水があふれる。「汎濫(はんらん)」
pan-の音訳字。全の意。「汎米主義
[補説]12は「泛(はん)」と通用する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はん【汎】

( 接頭 )
〔英語の接頭辞 pan の音訳〕
名詞に付いて、広くそのすべてにわたるという意を表す。 「 -アジア主義」 「 -アメリカ会議」 「 -理論」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

汎の関連キーワードアルベニス:12の性格的な小品集/piano soloN.B.デ フレーチャトーレスオットー・フォン ハプスブルクシルベスター=ウィリアムズクーデンホーフ=カレルギーパン・アフリカニズムマンチェスター会議パンアメリカニズム汎下垂体機能低下症アフワーズ解放機構パンクロマチック汎ヨーロッパ主義ラグランジュ関数汎アメリカ主義汎イスラム主義コスモポライト汎アメリカ会議グローバリズム汎トルコ主義サラエボ事件

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

汎の関連情報