コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハートフォード ハートフォード

6件 の用語解説(ハートフォードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハートフォード
ハートフォード

「ハーフォードハーフォード」のページをご覧ください。

ハートフォード
ハートフォード
Hartford

アメリカ合衆国コネティカット州の州都。ニューヨークの北東約 160km,コネティカット川上流約 60kmに位置する。 1633年にオランダ人が,35年にマサチューセッツ州から清教徒が入植したのが始り。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハートフォード(Hartford)

米国コネティカット州中部の都市。同州の州都。同国における金融、特に保険産業の本拠地として知られる。マーク=トウェーンや「アンクル=トムの小屋」の著者ストーゆかりの地でもある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハートフォード

米国,コネティカット州の州都。州中央部にあり,コネティカット川に臨む。1794年以降保険業が発達,世界的な中心地となっている。精密機械工業も盛んで,タイプライター,電機部品,事務機器,コンピューターなどの生産が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハートフォード【Hartford】

アメリカ合衆国コネティカット州中央部の同州の州都。人口12万4000(1994)。コネティカット川の西岸に位置し,同州の商業,工業,文化の中心地。遡航の終点にあり,河港として外国貿易が発達し,これが合衆国の保険業の中心地の一つとなる基礎となった。工業製品としては,火器,タイプライター,精密機器,コンピューター,自動車部品,電気部品などがある。1636年マサチューセッツからやってきた植民者がオランダの交易所の場所に定住して集落ができ,39年,他の二つの町とともにコネティカット植民地を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハートフォード
はーとふぉーど
Hartford

アメリカ合衆国、コネティカット州中部、コネティカット川に臨む同州第二の都市で、州都。人口12万1578(2000)。同州の商工業、文化の中核をなし、とくに「保険業の町」として知られる。全米最古の保険会社であるハートフォード火災保険会社が1810年に設立されたのを皮切りに、数多くの保険会社が設立され、現在では世界各国からのものも含めて50以上の会社が集積する。また工業は著しい発達を示しており、都市圏内に立地する企業は400社を超える。19世紀中ごろに合衆国で初めて実用化されたコルト銃製造以来の小火器製造の中心地で、鋳造、機械、金属、食品加工、衣料など多種工業の発達がみられる。肥沃(ひよく)なコネティカット谷で栽培されるタバコの市場としても重要である。1633年オランダの交易所がつくられ、36年にマサチューセッツ湾植民地からの移入者によって町が建設され、39年、他の二つの町とともにコネティカット植民地を形成した。1662年ニュー・ヘブンと合併し、しばらくは両方で合同州都を形成していたが、1875年以降は単独で州都となっている。
 文化都市の名にふさわしく、市民の間での文化的活動は活発で、優れた文化施設も多い。ハートフォード交響楽団をはじめ、オペラ、バレエなどの本拠地であり、1842年に建てられたワドワーズ美術館は、優れたコレクションで広く知られる。またストー夫人やマーク・トウェーンの家が保存され、一般公開されている。州立工科大学とトリニティ大学の所在地でもある。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハートフォードの関連情報