コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーンパー ハーンパー Haanpää, Pentti

3件 の用語解説(ハーンパーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーンパー
ハーンパー
Haanpää, Pentti

[生]1905.10.14. ピーポラ
[没]1955.10.1. ピーポラ
フィンランドの小説家。小学校卒業後,農林業に従事し,『田舎の道を通って』 Maantietä pitkin (1925) でデビュー。フィンランド北部の荒地に働く森林労働者を描いた作品が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハーンパー【Pentti Haanpää】

1905‐55
フィンランドの作家。小学校卒業後,森林労働と農業に従事しながら,1925年短編小説集《国道に沿って》で文壇に登場する。北部寒村の農民や材木切出人の生活を,日常語を駆使した独自の文体で描き,風刺の効いた作品を多く残した。とくに短い作品群は〈ユットゥ(咄(はなし))〉と呼ばれ,文学の新ジャンルとなった。《原野と兵舎》(1928),《荒野の戦争》(1940)などの社会風刺小説も傑作である。【高橋 静男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーンパー
はーんぱー
Pentti Haanp
(1905―1955)

フィンランドの作家。小学校卒業後、森林労働と農業に従事しながら、短編集『国道に沿って』(1925)でデビュー。北部寒村の農民や材木切出人の不毛に近い生活を描き、社会批判ともいえる作品を多く残した。とくに、短編作品群は、生活語を多用し、荒々しくも鋭い洞察に満ち、簡潔で迫力に富んだ風刺のきいた独自の文体で綴(つづ)られ、「ユットゥ」(小話)とよばれて新ジャンルとなった。その作品は数多く、死後にも遺稿集三巻が刊行され、創作力のある作家として評価は高まるばかりである。『原野と兵舎』(1928)、『荒野の戦争』(1940)など、社会風刺小説にも傑作を残した。[高橋静男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーンパーの関連キーワードフィン人フィンランディアペッカネンリンナ芬蘭タピオラフィンランド・サンタクロースマラソンフィンランドバスソークフィンランド放送交響楽団ママとボクのフィンランドバス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone