コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーンパー ハーンパーHaanpää, Pentti

3件 の用語解説(ハーンパーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーンパー
ハーンパー
Haanpää, Pentti

[生]1905.10.14. ピーポラ
[没]1955.10.1. ピーポラ
フィンランドの小説家。小学校卒業後,農林業に従事し,『田舎の道を通って』 Maantietä pitkin (1925) でデビュー。フィンランド北部の荒地に働く森林労働者を描いた作品が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハーンパー【Pentti Haanpää】

1905‐55
フィンランドの作家。小学校卒業後,森林労働と農業に従事しながら,1925年短編小説集《国道に沿って》で文壇に登場する。北部寒村の農民や材木切出人の生活を,日常語を駆使した独自の文体で描き,風刺の効いた作品を多く残した。とくに短い作品群は〈ユットゥ(咄(はなし))〉と呼ばれ,文学の新ジャンルとなった。《原野と兵舎》(1928),《荒野の戦争》(1940)などの社会風刺小説も傑作である。【高橋 静男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーンパー
はーんぱー
Pentti Haanp
(1905―1955)

フィンランドの作家。小学校卒業後、森林労働と農業に従事しながら、短編集『国道に沿って』(1925)でデビュー。北部寒村の農民や材木切出人の不毛に近い生活を描き、社会批判ともいえる作品を多く残した。とくに、短編作品群は、生活語を多用し、荒々しくも鋭い洞察に満ち、簡潔で迫力に富んだ風刺のきいた独自の文体で綴(つづ)られ、「ユットゥ」(小話)とよばれて新ジャンルとなった。その作品は数多く、死後にも遺稿集三巻が刊行され、創作力のある作家として評価は高まるばかりである。『原野と兵舎』(1928)、『荒野の戦争』(1940)など、社会風刺小説にも傑作を残した。[高橋静男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハーンパーの関連キーワード竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府竹島問題クイーンイスクライラン立憲革命エラリー・クイーンシュリーフェン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone