コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオマイシン viomycin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオマイシン
viomycin

抗生物質の一つ。土の中の放線菌の一種 Streptomyces griseusa赤色変異種 S. puniceusおよび S. floridae培養液から分離されたアミノ糖抗生物質に属する。結核菌に対する発育阻止作用が強く,ストレプトマイシンに耐性をもった結核菌に使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バイオマイシン【viomycin】

1951年フィンレーA.C.Finlayらによって放線菌(Streptomyces属)培養液から得られた水溶性塩基性ペプチド抗生物質。ツベラクチノマイシンBと同一物質で,分子式C25H43N13O10,分子量685.71。紫色の結晶。抗酸菌(結核菌など)の増殖を阻止するが,その他の細菌に対する作用は弱く,二次抗結核薬としてのみ筋肉注射によって用いられる。ストレプトマイシンとは交差耐性がない。細菌のリボソームに結合しタンパク質合成を阻害する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバイオマイシンの言及

【抗生物質】より

…副作用として,胃腸障害,肝臓障害,光線過敏症(皮膚の色素沈着など)が知られている。(5)バイオマイシン フィンレーA.C.Finlayらにより51年報告された水溶性塩基性物質で,ストレプトマイシン耐性菌の発育も阻止する。結核菌その他の抗酸菌のみに作用するので,二次抗結核剤としてだけ用いられる。…

※「バイオマイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バイオマイシンの関連キーワード抗生物質

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android