コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗酸菌 コウサンキン

5件 の用語解説(抗酸菌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうさん‐きん〔カウサン‐〕【抗酸菌】

酸に対して抵抗力のある細菌。表面に脂質・蝋(ろう)質をもつため、フェノールフクシンで染色後に酸性アルコールなどで脱色しても、反応を示さない。結核菌癩菌(らいきん)など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

抗酸菌【こうさんきん】

抗酸性菌とも。ある種のアニリン色素で染色すると酸によって脱色されにくい細菌の総称。主としてマイコバクテリウム属であるが,若干の放線菌,ジフテロイド菌も抗酸性を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

抗酸菌

 抗酸細菌ともいう.ろうに富む細胞壁をもつ[Mycobacterium]属の細菌で,細胞壁の性質から染色すると脱色されにくいことから抗酸菌とよばれる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうさんきん【抗酸菌 acid‐fast bacteria】

通常のアニリン色素によって染色されにくいが,媒染剤を用いたり加温したりしていったん染色すると無機酸で処理しても脱色されない細菌の総称。抗酸菌の主要なものは,マイコバクテリウム属の細菌である。これらの細菌は,いずれも長い杆菌で運動性がなく,好気性で培地上の発育は遅く,グラム染色では明りょうかつ確実に染色することが難しい。最初の記載例はA.G.H.ハンセン(1874)によって発見されたライ菌Mycobacterium lepraeで,次いでR.コッホによってヒト型結核菌M.tuberculosis var.hominisが発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうさんきん【抗酸菌】

表面に脂質・蠟質ろうしつを含むため、一度染色されると酸などで脱色されにくい一群の細菌。結核菌、非定型抗酸菌など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

抗酸菌の関連キーワード塩酸アニリン酸化染料アニリン塩アニリン染料グラム陽性菌ケルシトリンポルフィリン色素メタクロマジーコルテックス毛皮質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

抗酸菌の関連情報