コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗酸菌 コウサンキン

デジタル大辞泉の解説

こうさん‐きん〔カウサン‐〕【抗酸菌】

酸に対して抵抗力のある細菌。表面に脂質・蝋(ろう)質をもつため、フェノールフクシンで染色後に酸性アルコールなどで脱色しても、反応を示さない。結核菌癩菌(らいきん)など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

抗酸菌【こうさんきん】

抗酸性菌とも。ある種のアニリン色素で染色すると酸によって脱色されにくい細菌の総称。主としてマイコバクテリウム属であるが,若干の放線菌,ジフテロイド菌も抗酸性を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

抗酸菌

 抗酸細菌ともいう.ろうに富む細胞壁をもつ[Mycobacterium]属の細菌で,細胞壁の性質から染色すると脱色されにくいことから抗酸菌とよばれる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうさんきん【抗酸菌 acid‐fast bacteria】

通常のアニリン色素によって染色されにくいが,媒染剤を用いたり加温したりしていったん染色すると無機酸で処理しても脱色されない細菌の総称。抗酸菌の主要なものは,マイコバクテリウム属の細菌である。これらの細菌は,いずれも長い杆菌で運動性がなく,好気性で培地上の発育は遅く,グラム染色では明りょうかつ確実に染色することが難しい。最初の記載例はA.G.H.ハンセン(1874)によって発見されたライ菌Mycobacterium lepraeで,次いでR.コッホによってヒト型結核菌M.tuberculosis var.hominisが発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうさんきん【抗酸菌】

表面に脂質・蠟質ろうしつを含むため、一度染色されると酸などで脱色されにくい一群の細菌。結核菌、非定型抗酸菌など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抗酸菌の関連キーワードMycobacterium呼吸器のしくみとはたらきエイズのおもな合併症エイズによる肺の病気ハンセン病(レプラ)喀たんの抗酸菌検査肺結核の検査と診断ストレプトマイシン国立感染症研究所ツベルクリン反応頸部リンパ節結核非結核性抗酸菌症バイオマイシン非定型抗酸菌症エキノマイシンカナマイシン気管支拡張症藤瀬 新一郎肺MAC症熊谷 岱蔵

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android