バスティアンとバスティエンヌ

デジタル大辞泉プラスの解説

バスティアンとバスティエンヌ

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルトの全1幕のドイツ語によるオペラ(1768)。原題《Bastien und Bastienne》。モーツァルトが12歳時に作曲したことで知られる。一般のオペラと異なる、地のセリフが多いジングシュピール(歌芝居)と呼ばれる作品の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

バスティアンとバスティエンヌ

《原題、〈ドイツ〉Bastien und Bastienneモーツァルトのドイツ語による音楽劇。全1幕。1768年にウィーンで初演。一般のオペラとは異なり、地の台詞のやりとりが多く、ジングシュピール(歌芝居)に分類される。台本はルソーのオペラ「村の占い師」の翻案に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android