バス海峡(読み)バスかいきょう(英語表記)Bass Strait

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バス海峡
バスかいきょう
Bass Strait

オーストラリア大陸南東部とタスマニア島との間の海峡。西はインド洋に,東はタスマン海に続く。幅 130~240km,長さ約 300km,平均深度 70m。ファーノー諸島キング島のほか小島群がある。 1798年イギリスの探検家 M.フリンダーズおよび G.バス峡であることを確認。 1960年代以来,ビクトリア州ギプスランド地方沖合いで石油,天然ガスが採掘され,本土へパイプラインで送られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バス海峡【バスかいきょう】

オーストラリア大陸南東端とタスマニア島との間の海峡。1798年英国人バスGeorge Bassが航行。幅240km。浅い大陸棚をなし,フリンダーズ島,キング島等の小島がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バスかいきょう【バス海峡 Bass Strait】

オーストラリア大陸とタスマニア島の間の海峡。幅240km前後,水深60~100m。大陸と島とは陸続きであったが,氷期以後の海進によって沈降し海峡となった。大陸東端のギプスランド沖合に海底油田があり,原油,天然ガスを採掘している。原油生産量はオーストラリアの消費量の約2/3を占める。1798年にバスおよびフリンダーズが航行し,大陸とタスマニア島とが陸続きでなく海峡が存在することを確認した。【谷内 達】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バス海峡
ばすかいきょう
Bass Strait

オーストラリア南部、ビクトリア州南岸とタスマニア島との間の海峡。幅は平均240キロメートル、水深60~100メートル。かつて大陸とタスマニア島とをつないでいた陸地が氷期以後の海進によって沈降してできた。フリンダーズ島、キング島などはかつての陸地の名残(なごり)である。東端のギプスランド沖合いに油田があり、海底(第三紀層)から1960年代以来原油および天然ガスが採掘されている。原油の埋蔵量は2億8000万キロリットル。原油の生産量(約2400万キロリットル)はオーストラリアの原油消費量の約3分の2を占める。1798年探検家G・バスおよびM・フリンダーズが海峡であること(タスマニア島が島であること)を確認。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android