コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バス海峡 バスかいきょう Bass Strait

4件 の用語解説(バス海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バス海峡
バスかいきょう
Bass Strait

オーストラリア大陸南東部とタスマニア島との間の海峡。西はインド洋に,東はタスマン海に続く。幅 130~240km,長さ約 300km,平均深度 70m。ファーノー諸島キング島のほか小島群がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バス海峡【バスかいきょう】

オーストラリア大陸南東端とタスマニア島との間の海峡。1798年英国人バスGeorge Bassが航行。幅240km。浅い大陸棚をなし,フリンダーズ島,キング島等の小島がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バスかいきょう【バス海峡 Bass Strait】

オーストラリア大陸とタスマニア島の間の海峡。幅240km前後,水深60~100m。大陸と島とは陸続きであったが,氷期以後の海進によって沈降し海峡となった。大陸東端のギプスランド沖合に海底油田があり,原油,天然ガスを採掘している。原油生産量はオーストラリアの消費量の約2/3を占める。1798年にバスおよびフリンダーズが航行し,大陸とタスマニア島とが陸続きでなく海峡が存在することを確認した。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バス海峡
ばすかいきょう
Bass Strait

オーストラリア南部、ビクトリア州南岸とタスマニア島との間の海峡。幅は平均240キロメートル、水深60~100メートル。かつて大陸とタスマニア島とをつないでいた陸地が氷期以後の海進によって沈降してできた。フリンダーズ島、キング島などはかつての陸地の名残(なごり)である。東端のギプスランド沖合いに油田があり、海底(第三紀層)から1960年代以来原油および天然ガスが採掘されている。原油の埋蔵量は2億8000万キロリットル。原油の生産量(約2400万キロリットル)はオーストラリアの原油消費量の約3分の2を占める。1798年探検家G・バスおよびM・フリンダーズが海峡であること(タスマニア島が島であること)を確認。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バス海峡の関連キーワードオーストラリアオーストラリア区タスマニア語トレス海峡マレー諸島袋猫オーストララシアオーストラリア亜区南オーストラリアマリア島

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バス海峡の関連情報