コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バターリャ バターリャBatalha

3件 の用語解説(バターリャの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バターリャ(Batalha)

ポルトガル中西部の町。ポルトガル語で「戦い」を意味し、エストレマドゥーラ地方、リース川沿いに位置する。同国最古のゴシック様式の建築物として知られ、世界遺産文化遺産)に登録されたバターリャ修道院がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バターリャ

ポルトガル,首都リスボンの北118kmにある町。バターリャとはポルトガル語で〈合戦〉の意。1385年,国の存亡をかけた戦いがバターリャ近郊であり,のちにポルトガル国王ジョアン1世が勝利を記念してこの地に修道院を建造。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バターリャ【Batalha】

ポルトガル中部,レイリア県の町。人口1万4000(1981)。リスボンの北北東約110kmに位置する。バターリャはポルトガル語で〈合戦〉の意。ポルトガルの代表的ゴシック建築であるバターリャ修道院(正式にはサンタマリア・ダ・ビトリア修道院)は,1385年国運をかけたアルジュバロタの戦でポルトガル軍がカスティリャ軍に勝利を得た際,時の王ジョアン1世が戦勝祈願の成就を聖母に感謝し建立を命じたもの。以来16世紀末まで建設が続くが,ついに完成されなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バターリャの関連情報