コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッハ一族 バッハいちぞく

世界大百科事典 第2版の解説

バッハいちぞく【バッハ一族】

ヨハン・ゼバスティアン・バッハを最大の成員とするドイツ音楽家一族。中部ドイツを中心に代々音楽を職とし,16世紀末から19世紀前半まで80人以上の音楽家を輩出して,歴史上最大の音楽家家系を形成した(図)。最初は身分の低い芸人Spielmannから出発したが,やがて町楽師Stadtpfeifer,教会のオルガン奏者やカントルKantor,宮廷の楽師や楽長,また大都市音楽監督へと社会的に台頭し,質・量ともにドイツの音楽生活を担う存在となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バッハ一族の関連情報