コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バハー・アッラー Bahā' Allāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バハー・アッラー
Bahā' Allāh

[生]1817.11.12. テヘラン
[没]1892.5.29. アコー
バハーイ教の創始者。本名 Mīrzā Ḥusain `Alī Nūrī。バーブ教教主の高弟として活躍したが,教主の処刑後 2派に分かれた 1派を指導。この派の運動が革命的様相を帯びたことによりペルシア政府の迫害を受け,バグダードからコンスタンチノープルに退去。最後にパレスチナのアコーにいたり,本部を設置し,そこで没した。この一派がバハーイ教となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

バハー・アッラー

生年月日:1817年11月12日
イランの宗教家,バハーイー教の始祖
1892年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

バハー・アッラーの関連キーワードバハーイー教生年月日バーブ宗教家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android