バハーイー教(読み)バハーイーキョウ

デジタル大辞泉の解説

バハーイー‐きょう〔‐ケウ〕【バハーイー教】

《〈アラビア〉Bahā'ī》19世紀後半、バーブ教の分裂後、神の啓示を受けたイラン人バハーウッラー(本名ミールザ=ホセイン=アリー)の創始した一神教。世界平和、男女平等、偏見の打破、貧富の格差の除去、教育の重視などを唱える。聖職者を置かず共同体を結成して活動する。日本には明治42年(1909)伝来。本部はイスラエルのハイファイスラム教から派生したが、イスラム教は異端と見なす。バハイ教

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バハーイー教【バハーイーきょう】

19世紀前半,イランで起こったイスラム改革を唱えるバーブ教から派生した宗教。バーブ教の教祖セイエド・アリー・モハンマド〔1820-1850〕はシーア派の再興と既成の宗教儀礼の廃止,階級的差別の撤廃を目標に宗教改革運動を起こし,弾圧,投獄された。その弟子ミールザー・ホセイン・アリー〔1817-1892〕らはバグダッドにのがれて布教を続け,バハー・アッラーフ(神が現し給う者)と称して新教団を創設,のちパレスティナのハイファに本拠を移した。人類の平和と統一,男女平等,教育の普及,世界語の採用などを主張し,イスラムとは質的に変化したが,イラン,インド,欧米などに多くの信徒(約200万人)を獲得している。
→関連項目トービー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バハーイーきょう【バハーイー教 Bahā’ī】

バハー・アッラーフと名のったイラン人ミールザー・ホセイン・アリーMīrzā Ḥoseyn ‘Alī(1817‐92)がはじめた宗教。彼はテヘランの名家に生まれ,1844年セイエド・アリー・モハンマドのバーブの宣言後に初期のバーブ教徒になって指導的役割を果たしたが,52年の大弾圧で逮捕,投獄された。その後家族とともに国外に追放され,63年にバグダード近郊においてバーブが予言した〈神が現し給う者〉であると宣言し,それからまもなく新宗教の布教を始めてバーブ教から離脱し,バーブ教徒の大半は新宗教を受け入れた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android