コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフラ城塞 バフラじょうさいBahla Fort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフラ城塞
バフラじょうさい
Bahla Fort

オマーン北部,アハダル山地の山麓に残る城塞跡。首都マスカットの南西約 200kmに位置する。オアシス都市として古くから栄えていたが,海からやって来るペルシア人,砂漠を抜けてくるベドウィン族などの侵入・攻撃から町を守るため,7世紀頃から城塞がつくられ,16世紀に現在の形になったといわれる。石の土台の上に日干し煉瓦を重ねた城壁は高さ数m,総延長 12kmにも及ぶ。城壁の上には巡視路,要所には監視塔が設けられており,オマーンで最も高い「風の塔」もその一つであったが,すでに崩落している。 1987年世界遺産の文化遺産に登録。日干し煉瓦でできているため非常にもろく,崩壊の危機にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バフラ‐じょうさい〔‐ジヤウサイ〕【バフラ城塞】

Qal'at Bahla'》⇒バハラ城塞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バフラ城塞【バフラじょうさい】

オマーンの首都マスカットの南西約150km,アフダル山脈南麓に位置するオアシスの古都バフラにある城塞。現在ある城壁は16世紀頃に築造されたものといわれ,その総延長は約12kmに達し,数あるオマーンの城塞の中で最大規模のものとなっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android