コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフラ城塞 バフラじょうさい Bahla Fort

3件 の用語解説(バフラ城塞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バフラ城塞
バフラじょうさい
Bahla Fort

オマーン北部,アハダル山地の山麓に残る城塞跡。首都マスカットの南西約 200kmに位置する。オアシス都市として古くから栄えていたが,海からやって来るペルシア人,砂漠を抜けてくるベドウィン族などの侵入・攻撃から町を守るため,7世紀頃から城塞がつくられ,16世紀に現在の形になったといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バフラ‐じょうさい〔‐ジヤウサイ〕【バフラ城塞】

Qal'at Bahla'》⇒バハラ城塞

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バフラ城塞【バフラじょうさい】

オマーンの首都マスカットの南西約150km,アフダル山脈の南麓に位置するオアシスの古都バフラにある城塞。現在ある城壁は16世紀頃に築造されたものといわれ,その総延長は約12kmに達し,数あるオマーンの城塞の中で最大規模のものとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

バフラ城塞の関連キーワードアルアインルスタックオマーン原油アフダル山アルフトゥムナハルニズワバハラワディバニハリッドアフダル山地

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone