コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラシンガジカ barasingha

世界大百科事典 第2版の解説

バラシンガジカ【barasingha】

別名インドヌマジカ,ヌマジカ。偶蹄目シカ科の哺乳類。インドの沼沢地,あるいは水辺近くの森林にすむ大型のシカ。大きな集団をつくって水に入るのを好み,かつてはしばしば数百~数千の個体が沼に身を潜めて集まっている姿が見られたが,現在はみごとな角を得るための狩猟の結果著しく個体数が減っている。夏毛は赤褐色の地に白い斑点があり,冬毛は一様な黄褐色。体長180cm,肩高115cm前後,尾長12~20cm,体重230~283kg。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バラシンガジカ
ばらしんがじか
barasingha
[学]Cervus duvauceli

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科の動物。インドヌマジカともいう。インド中央部・北東部、ネパール南部の沼地や水辺にすむ大形のシカで、体長180センチメートル、体高115~135センチメートル、体重170~283キログラムに達する。群集性があり、数十頭の群れをなす。群れには雄群、雌群、1歳の雌雄群などがみられる。発情期は地域により春や秋など異なるが、その時期になると雄は争い、強い雄は30頭ほどの雌をもつ。毛色は、夏毛は赤褐色で白斑(はくはん)があるが、冬毛は一様な褐色から黄褐色となる。雄には長さ75センチメートルほどの12枝の角(つの)がある。妊娠期間250日。1産1子で、子には白斑がある。寿命21~23年。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バラシンガジカの関連キーワード増井光子

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android