コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラフシャ Varakhsha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バラフシャ
Varakhsha

ウズベキスタン,ブハラ市の西方約 40kmの砂漠中にある都城址 (主として6~8世紀) 。 10世紀の歴史家ナルシャヒーの著わした『ブハラ史』には,ブハラの支配者ブハール・フダー Bukhār Khudāhの居城があった地として,ファラフシャー Farakhshāの名で言及されている。ソ連の考古学調査団によって発掘され,宮殿の各室で,王と従者の図,狩猟の光景,人間と怪獣の闘争図などが描かれた壁画が発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バラフシャ【Varakhsha】

中央アジア,ウズベキスタン共和国ブハラ市の西約40kmにある5~11世紀の小都城跡。1937年,47‐52年にV.A.シーシキンが発掘。周濠をもつ高さ20m,長辺360mの不整四辺形平面で,北部が崩壊している。城壁を示す高さ2mの起伏が丘の周縁にあり,内部中央に直径75m,高さ2mの小丘がある。発掘されたのは北縁の小高い一角で,列柱ファサードの広間や小室群をもった王宮跡である。一部にクシャーナ時代の地層があるが,確認された建物は5~8世紀にわたって存続し,のち大改修をうけて10~11世紀まで用いられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バラフシャの関連キーワード中央アジア美術シシュキン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android