コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラーハミヒラ Varāhamihira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バラーハミヒラ
Varāhamihira

6世紀頃在世のインド最大の天文学者,占星学者。ベーダ時代に発し,5世紀頃までに発展したインドの伝統的な天文学とギリシアやローマの天文学の要素とを融和して,天文学書『パンチャシッダーンティカー』 Pañcasiddhāntikā (550) を著わした。同書はそれ以前の天文学を解明するうえでも重要な資料の一つ。さらに彼の著『ブリハット・サンヒター』 Bṛhat-saṃhitāは天文学,占星学のみならず,多種多様な項目を扱った百科全書的な性格をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バラーハミヒラ【Varāhamihira】

6世紀に学問の都,西インドのウッジャイニー(現,ウッジャイン)で活躍した博学者。生没年不詳。インドへ移住したゾロアスター教徒の末裔で,〈マガのバラモン〉と呼ばれる(マガはゾロアスター教の神官の意)。ジョーティシャと呼ばれる学問の三大分野のそれぞれにすぐれた作品を残した。《パンチャ・シッダーンティカー》は数理天文学(ガニタ)に関する五つの書物を要領よくまとめたものである。《ブリハット・サンヒター》は前兆と占い全般について詳細かつ包括的に述べたものであり,一種の百科全書の趣を呈している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバラーハミヒラの言及

【ブリハッ・ジャータカ】より

…6世紀にバラーハミヒラVarāhamihiraが著したインドの占星術書。インドの占いの三大分野の一つ〈ジャータカ〉に属し,現在にいたるまでこの分野で最もよく読まれ,権威あるものとされている。…

【インド天文学】より

…その後3世紀ほどは,このようにギリシアとバビロニアの両要素が共存していたが,しだいにギリシア要素が比重を増していった。この間の文献についてわれわれが知ることができるのは,6世紀にバラーハミヒラが編集した《五天文学書綱要》のおかげである。バビロニアとギリシアでは天体の運動の表現の仕方が対照的である。…

【ブリハッ・ジャータカ】より

…6世紀にバラーハミヒラVarāhamihiraが著したインドの占星術書。インドの占いの三大分野の一つ〈ジャータカ〉に属し,現在にいたるまでこの分野で最もよく読まれ,権威あるものとされている。…

※「バラーハミヒラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バラーハミヒラの関連キーワードスールヤ・シッダーンタブリハッ・ジャータカインドの科学

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android