コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリウム中毒 バリウムちゅうどくbarium poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリウム中毒
バリウムちゅうどく
barium poisoning

造影剤の硫酸バリウム不溶性で,吸収されないから危険はないが,水溶性のバリウム塩は体内に吸収され,中毒を起すことがある。初期症状は嘔吐,下痢,めまい徐脈 (40~50) などで,次いで上肢頸部の筋肉が麻痺し,心電図期外収縮,二段脈,心房細動などが現れる。早期に胃洗浄硫酸ナトリウム投与酸素吸入を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バリウム中毒の関連キーワード造影剤

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android