コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルカル語 バルカルごBalkar language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルカル語
バルカルご
Balkar language

北カフカスのカバルダバルカル共和国に行われている言語で,チュルク諸語の一つ。話し手は4万人以上。カラチャイ語とは1つの言語の2つの方言という関係にあり,カラチャイ=バルカル語と呼ばれるが,用いる文字言語 (ロシア文字による) は必ずしも同じではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルカル語
ばるかるご
Balkar

トルコ系諸言語の一つ。ロシア連邦の北カフカス(コーカサス)地方にあるカラチャエボ・チェルケシア共和国で約8万人(1989)が使用している。北西で接するカラチャイ語とよく似ていて、普通カラチャイ・バルカル語と並び称される。トルコ語族のうち、クムク語などとともに西方語派に属するが、また中央語派中のキルギズ語との近い関係もみられる。正書法は1927年にラテン文字で、37年以降はキリル文字で表記されている。[竹内和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバルカル語の言及

【カバルディノ・バルカル[共和国]】より

…バルカル人は北カフカス,アラン諸種族とブルガール人,キプチャク人の混交の結果形成された。バルカル語はチュルク語のキプチャク・グループに属する。カバルダ人,バルカル人ともに,大部分がイスラム教徒である。…

※「バルカル語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バルカル語の関連キーワードカバルディノ・バルカリアエリブルス[山]クミク語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android