コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルキテリウム バルキテリウム Baluchitherium

3件 の用語解説(バルキテリウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルキテリウム
バルキテリウム
Baluchitherium

哺乳綱奇蹄目サイ科の絶滅属。中央アジアの古第三系漸新統から新第三系中新統に産する。頭骨の長さ 1.2m,肩高 5.4mに達し,陸生では最大の哺乳動物。異常に長い掌骨と蹠骨をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バルキテリウム

漸新世後期〜中新世前期に存在した化石サイ。体長11m,肩高5mを越え,過去,現在を通じて最大の陸生哺乳(ほにゅう)類とされる。角がなく,樹木の葉を常食にしたと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バルキテリウム【Baluchitherium】

奇蹄目サイ科の1属で,地上最大の哺乳類。頭骨長1.2m,体長10m,肩高5mもある。角はなく,キリンのように首が長く,ウマのようなからだつきをしていて,四肢骨も趾骨(しこつ)も長く,趾行性である。バルーチスターンのほか,アラル海沿岸,カザフモンゴルなどで化石が知られ,漸新世から中新世前期に中央アジアの地域に分布していた。比較的乾燥した開けた森林に生活し,長い首をのばして高い樹冠の小枝や葉を食べていたものと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルキテリウムの関連キーワード奇蹄類黒犀ジャワ犀白犀縞馬スマトラ犀地上最大のショウサイ(犀)《地上最大のショウ》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone