コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルキテリウム Baluchitherium

百科事典マイペディアの解説

バルキテリウム

漸新世後期〜中新世前期に存在した化石サイ。体長11m,肩高5mを越え,過去,現在を通じて最大の陸生哺乳(ほにゅう)類とされる。角がなく,樹木の葉を常食にしたと考えられる。中央アジア特産。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バルキテリウム【Baluchitherium】

奇蹄目サイ科の1属で,地上最大の哺乳類。頭骨長1.2m,体長10m,肩高5mもある。角はなく,キリンのように首が長く,ウマのようなからだつきをしていて,四肢骨趾骨(しこつ)も長く,趾行性である。バルーチスターンのほか,アラル海沿岸,カザフ,モンゴルなどで化石が知られ,漸新世から中新世前期に中央アジアの地域に分布していた。比較的乾燥した開けた森林に生活し,長い首をのばして高い樹冠の小枝や葉を食べていたものと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バルキテリウムの関連キーワード奇蹄類

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android