コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレストリーニ バレストリーニ Balestrini, Nanni

2件 の用語解説(バレストリーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレストリーニ
バレストリーニ
Balestrini, Nanni

[生]1935
イタリアの詩人,小説家。新前衛派の代表的作家の一人。 1961年詩選集『最新人』に前衛実験詩を発表。『クィンディチ』誌に拠って評論活動を展開。左翼急進主義を唱え,政治的事件を素材に前衛的手法で文学活動を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレストリーニ
ばれすとりーに
Nanni Balestrini
(1935― )

イタリアの詩人、作家。ジュリアーニらとともにいわゆる「新前衛派」に属し、1963年に「63年グループ」を結成、中心的存在となった。グループ解体後も先鋭な行動を緩めず、最左翼の立場から政治、社会に直接かかわった激烈な作品を発表している。詩集に『いかに行動するか』(1963)、『実用の詩』(1976)、『ブラックアウト』(1980)があり、小説には1969年の高揚する労働運動(「熱い秋」)の渦中での政治意識目覚めを描く『われわれはすべてを欲する』(1971)、マスコミの描く暴力を告発した『描きだされた暴力』(1976)、そして反逆する若者たちの足跡を追った『姿なき者たち』(1987)、前衛運動の推進者であったG・フェルトリネッリGiangiacomo Feltrinelli(1926―1972)の事件を扱う『出版者』(1989)がある。[古賀弘人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バレストリーニの関連キーワードパベーゼマリネッティイタリアンバリェインクランダヌンツィオ演説家大鴉イタリア料理の日北の詩人ディ・ジャーコモ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone