コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレストリーニ Balestrini, Nanni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレストリーニ
Balestrini, Nanni

[生]1935
イタリアの詩人,小説家。新前衛派の代表的作家の一人。 1961年詩選集『最新人』に前衛実験詩を発表。『クィンディチ』誌に拠って評論活動を展開。左翼急進主義を唱え,政治的事件を素材に前衛的手法で文学活動を行う。主著,詩集『いかに行動するか』 Come si agisce (1963) ,小説『トリスタン』 Tristano (66) ,『すべてを欲して』 Vogliamo tutto (71) ,『彩られた暴力』 La violenza illustrata (76) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バレストリーニ
ばれすとりーに
Nanni Balestrini
(1935― )

イタリアの詩人、作家。ジュリアーニらとともにいわゆる「新前衛派」に属し、1963年に「63年グループ」を結成、中心的存在となった。グループ解体後も先鋭な行動を緩めず、最左翼の立場から政治、社会に直接かかわった激烈な作品を発表している。詩集に『いかに行動するか』(1963)、『実用の詩』(1976)、『ブラックアウト』(1980)があり、小説には1969年の高揚する労働運動(「熱い秋」)の渦中での政治意識の目覚めを描く『われわれはすべてを欲する』(1971)、マスコミの描く暴力を告発した『描きだされた暴力』(1976)、そして反逆する若者たちの足跡を追った『姿なき者たち』(1987)、前衛運動の推進者であったG・フェルトリネッリGiangiacomo Feltrinelli(1926―1972)の事件を扱う『出版者』(1989)がある。[古賀弘人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バレストリーニの関連キーワードサングイネーティパゾリーニエーコメナボ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android