バロン・デッセ(読み)ばろんでっせ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バロン・デッセ
ばろんでっせ
ballon d'essaiフランス語

元来は気象観測用の試験気球の意。転じて、政治家などが世論の動向や周囲の反響を探るために、意識的に関係の情報を流したり、特定の発言を行ったりすることをさす。報道機関が介在する場合には、リークleak(漏洩(ろうえい))、消息筋の情報として書いてよいと承諾を与えること、などによって情報操作が加えられ、この「観測気球」があげられることもある。世論操作がねらいなので、報道者としては注意を要する。[桂 敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android