情報操作(読み)ジョウホウソウサ

デジタル大辞泉の解説

じょうほう‐そうさ〔ジヤウホウサウサ〕【情報操作】

ある意図または目的をもって情報に手を加えること。また、そのことによって人または大衆をある方向に導こうとすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうほうそうさ【情報操作】

情報をありのままに提供するのでなく、内容や公表の方法などに手を加え、世論形成をある方面に有利になるよう操作すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

情報操作
じょうほうそうさ

報道機関の取材、編集、報道の一連の活動に介入して、その内容や社会への提示の仕方に影響を及ぼし、究極的には世論形成に操作を加えようとする行為。ニュース・ソースがいろいろとくふうを凝らして行うことが多いが、その意図を受けて広告会社、PR会社が「仕掛け」を考案、実行することもある。報道企業の内部でこれに呼応する者が出る場合もある。取材記者や編集者は、これらの情報操作にのせられないようにするため、ソース側の広報サービス、リーク(秘密の打明け話)、バロン・デッセ(観測気球、瀬踏みのための情報の提供)、オフ・レコパブリシティー、イベント演出など、もろもろの操作手段に注意を要する。一方、古典的な操作方法としての圧力、暴力、物品の贈与、金銭などの利用も依然軽視できない。情報操作のすべてが悪徳行為とはいえないが、報道活動の現場には、つねにその虚実の駆け引きがあると考えなければならない。[桂 敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうほう‐そうさ ジャウホウサウサ【情報操作】

〘名〙 ある意図または目的をもって情報に手を加えること。また、そのことによって人または大衆をある方向へ導こうとすること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情報操作の関連情報