コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バローゾ Barroso, José Manuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バローゾ
Barroso, José Manuel

[生]1956.3.23. リスボン
ポルトガルの政治家。首相(在任 2002~04),ヨーロッパ委員会委員長(在任 2004~ )。ポルトガルでも比較的貧しいバルパソス地方出身の両親のもとに生まれた。アントニオ・デ・オリベイラ・サラザールによる独裁政権下で辛苦の子供時代を過ごしたことが政治思想の形成に大きな影響を与え,リスボン大学在学中は毛沢東主義を奉じる学生組織に参加していた。1978年に同大学で法律学の学位を取得したあと,スイスのジュネーブ大学で勉強を続け,1981年にヨーロッパ学の学士号と政治科学の修士号を取得した。その後両母校で助手を務め,研究者としての生活を始めた。またアメリカ合衆国のジョージタウン大学で教鞭をとりながら,博士号取得のための研究をした。1980年,中道右派のポルトガル社会民主党 PSDに入党。1985年,国会議員に当選し,アニバル・カバコ・シルバ党首が首相に選出されると,内務副大臣に任命された。1992年に外務大臣となったが,1995年に PSDが社会党に敗北したため大臣の座を失った。1999年に PSD党首に就任。その後,党首として再選を重ね,2002年の選挙で PSDが政権を奪回したのに伴い,首相に就任した。2004年,ヨーロッパ連合 EUの行政機関であるヨーロッパ委員会委員長に就任するため首相を辞任。2009年,ヨーロッパ議会により,2期目となる 5年の任期を承認された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バローゾの関連キーワード環大西洋貿易投資パートナーシップジョビン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バローゾの関連情報