コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダイキノリ Alectoria sulcata (Lév.) Nyl.

世界大百科事典 第2版の解説

バンダイキノリ【Alectoria sulcata (Lév.) Nyl.】

ブナ帯付近の樹皮上に生えるサルオガセ科の樹枝状地衣(イラスト)。本州から九州にかけて,さらに台湾,中国大陸,ヒマラヤに分布する。地衣体は糸状で直径1~2mm,基部から盛んに分枝して立ち上がり,高さ5~10cmの灌木状となる。灰白色または褐色をおび,全体に深い溝がある。共生藻は緑藻。先端近くに直径3~8mmの皿状の子器をつけることが多い。ゆでてから二杯酢で食用とする。【柏谷 博之】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンダイキノリ
ばんだいきのり
[学]Alectoria sulcata (Lev.) Nyl.

地衣類サルオガセ科の1種。ブナ帯付近の樹皮に着生する。地衣体は長さ5~10センチメートル、基部の直径3ミリメートルくらいの円柱状であるが、上部になるにしたがって扁平(へんぺい)となる。多くの枝分れをして樹枝状となり、灰白色から淡褐色を呈する。乾燥すると堅くなるが、水分を含むと柔らかくなり、かつては山菜として食用にされた。本州から九州にかけて生育するほか、台湾、中国、ヒマラヤなどにも分布する。バンダイキノリに似た種類にツノマタゴケEvernia prunastri (L.) Ach.がある。これは針葉樹に着生するもので、かつてヨーロッパでは染料の原料として利用された。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バンダイキノリの関連キーワード井上