コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダイキノリ Alectoria sulcata (Lév.) Nyl.

2件 の用語解説(バンダイキノリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バンダイキノリ【Alectoria sulcata (Lév.) Nyl.】

ブナ帯付近の樹皮上に生えるサルオガセ科の樹枝状地衣(イラスト)。本州から九州にかけて,さらに台湾,中国大陸,ヒマラヤに分布する。地衣体は糸状で直径1~2mm,基部から盛んに分枝して立ち上がり,高さ5~10cmの灌木状となる。灰白色または褐色をおび,全体に深い溝がある。共生藻は緑藻。先端近くに直径3~8mmの皿状の子器をつけることが多い。ゆでてから二杯酢で食用とする。【柏谷 博之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンダイキノリ
ばんだいきのり
[学]Alectoria sulcata (Lev.) Nyl.

地衣類サルオガセ科の1種。ブナ帯付近の樹皮に着生する。地衣体は長さ5~10センチメートル、基部の直径3ミリメートルくらいの円柱状であるが、上部になるにしたがって扁平(へんぺい)となる。多くの枝分れをして樹枝状となり、灰白色から淡褐色を呈する。乾燥すると堅くなるが、水分を含むと柔らかくなり、かつては山菜として食用にされた。本州から九州にかけて生育するほか、台湾、中国、ヒマラヤなどにも分布する。バンダイキノリに似た種類にツノマタゴケEvernia prunastri (L.) Ach.がある。これは針葉樹に着生するもので、かつてヨーロッパでは染料の原料として利用された。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンダイキノリの関連キーワード赤樫梅の樹苔猿麻桛珊瑚藻日陰草森青蛙犬橅麻桛金釘の樹橅湿地

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone