コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダバーグ バンダバーグBundaberg

4件 の用語解説(バンダバーグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダバーグ
バンダバーグ
Bundaberg

オーストラリア,クイーンズランド州南東部,ブリズベンの北 394kmにある都市。歴史の古いサトウキビ栽培地帯を控え,砂糖積出港,精糖工場,サトウキビ用農業機械工場がある。人口3万 2737 (1991推計) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バンダバーグ(Bundaberg)

オーストラリア、クイーンズランド州南東部の港湾都市ブリスベーンの北西約390キロメートルバーネット川の河口に位置する。周辺ではサトウキビを産し、粗糖の積出港になっている。グレートバリアリーフ南部の観光拠点であり、レディーエリオット島フェリー結ばれる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バンダバーグ【Bundaberg】

オーストラリア東部,クイーンズランド州南東部,ブリズベーンの北約400km(道路距離)にある都市。人口3万8000(1991)。バーネット川の河口近くの右岸に位置し,周辺のサトウキビ栽培地帯(1875入植)を後背地とした地方中心都市,港湾都市。粗糖輸出港で,専用積込施設をもつ。製糖工場(1882建設)やサトウキビ栽培用農業機械工場がある。1913年市制を施行。名称は調査者に対する原住民の呼び名に由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンダバーグ
ばんだばーぐ
Bundaberg

オーストラリア、クイーンズランド州南東部、ブリズベンの北北西387キロメートル(道路距離)にある都市。人口4万3549(2001)。バーネット川河口近くの右岸に位置する。周辺のサトウキビ栽培地帯(1875入植)を後背地とした地方中心都市で、港湾を有する。港は粗糖輸出港(年間約60万トン)で専用積み込み施設をもつ。精糖工場(1882創設)やサトウキビ用農業機械工場がある。1913年市制施行。名称は先住民が調査者に名づけた名に由来する。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンダバーグの関連情報