コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダバーグ Bundaberg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダバーグ
Bundaberg

オーストラリア,クイーンズランド州南東部,ブリズベンの北 394kmにある都市。歴史の古いサトウキビ栽培地帯を控え,砂糖積出港,精糖工場,サトウキビ用農業機械工場がある。人口3万 2737 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バンダバーグ(Bundaberg)

オーストラリア、クイーンズランド州南東部の港湾都市ブリスベーンの北西約390キロメートル、バーネット川の河口に位置する。周辺ではサトウキビを産し、粗糖の積出港になっている。グレートバリアリーフ南部の観光拠点であり、レディーエリオット島フェリーで結ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

バンダバーグ【Bundaberg】

オーストラリア東部,クイーンズランド州南東部,ブリズベーンの北約400km(道路距離)にある都市。人口3万8000(1991)。バーネット川の河口近くの右岸に位置し,周辺のサトウキビ栽培地帯(1875入植)を後背地とした地方中心都市,港湾都市。粗糖輸出港で,専用積込施設をもつ。製糖工場(1882建設)やサトウキビ栽培用農業機械工場がある。1913年市制を施行。名称は調査者に対する原住民の呼び名に由来する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンダバーグ
ばんだばーぐ
Bundaberg

オーストラリア、クイーンズランド州南東部、ブリズベンの北北西387キロメートル(道路距離)にある都市。人口4万3549(2001)。バーネット川河口近くの右岸に位置する。周辺のサトウキビ栽培地帯(1875入植)を後背地とした地方中心都市で、港湾を有する。港は粗糖輸出港(年間約60万トン)で専用積み込み施設をもつ。精糖工場(1882創設)やサトウキビ用農業機械工場がある。1913年市制施行。名称は先住民が調査者に名づけた名に由来する。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バンダバーグの関連キーワードオーストラリア谷内

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android