コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンドネオン [bandoneon] バンドネオン

1件 の用語解説(バンドネオン [bandoneon]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

バンドネオン [bandoneon]

1840年代にアコーディオンヒントを得てドイツで発明され、その後アルゼンチンタンゴの楽器として定着した。元来タンゴ演奏はフルートクラリネットギタートリオが主流だったが、今世紀に入ってバンドネオンピアノバイオリンコントラバスを中核としたものが標準編成(オルケスタ・ティピカ)となった。現在はさらにエレキ・ギターシンセサイザーなども使われる。バンドネオンはアコーディオンの一種であるが、ピアノ式アコーディオンのような鍵盤はなく、蛇腹を伸縮させながらボタンを押して発音させる。レガート奏法、スタッカート奏法を駆使して旋律や和音を奏し、特にスタッカートはほかのアコーディオンよりも歯切れがよく、その点でもタンゴにより適している。歴史的な名演奏家にアストル・ピアソラがいる。音域は3オクターブ、イ長調に調律するのが一般的。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
音楽用語ダスについて | 情報

バンドネオン [bandoneon]の関連キーワードアヘン戦争アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流原子元素電子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone