コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バン・デル・メルシュ Van der Meersch, Maxence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バン・デル・メルシュ
Van der Meersch, Maxence

[生]1907
[没]1951
フランスの小説家。ベルギー国境に近いルーベに生れ,フランドルを舞台に,ディケンズやトルストイらの影響による人道主義的傾向の作品を書く。処女作『砂丘の家』 La Maison dans la dune (1932) 以下,『神の烙印』L'Empreinte du Dieu (36,ゴンクール賞) ,『肉体と魂』 Corps et Âme (43) ,『貧しい娘』 La Fille pauvre (48) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バン・デル・メルシュ
ばんでるめるしゅ
Maxence Van der Meersch
(1907―1951)

フランスの小説家。北仏ルーベーの生まれ。フランドルの田園風景を背景に、工業都市労働者の生活をカトリシズムの立場から描いた。1936年『神の烙印(らくいん)』l'Empreinte du dieuでゴンクール賞を受賞。そのほか『砂丘の家』(1932)、織物工場のストライキに材をとる『サイレンが止(や)む時』(1933)、『肉体と魂』(1943)など。[遠山博雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バン・デル・メルシュの関連キーワードヴァン・デル・メルシュ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android