バーデン学派(読み)バーデンがくは(英語表記)Badische Schule

精選版 日本国語大辞典の解説

バーデン‐がくは【バーデン学派】

〘名〙 (バーデンBaden ドイツ南西部の地名) 新カント学派の一派。哲学を文化一般の批判と基礎づけにあるとし、歴史・道徳・法・芸術といった文化の基礎となる価値・当為・規範を明らかにしようとした。代表者はビンデルバント、リッケルトなど。西南ドイツ学派。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のバーデン学派の言及

【ウィンデルバント】より

…ドイツの哲学者で新カント学派の一つである西南ドイツ学派(バーデン学派)の創始者。哲学史をはじめて問題史的に扱った哲学史家としても著名である。…

【新カント学派】より

…19世紀後半以降第1次世界大戦の時期にかけてドイツを中心として栄えた哲学上の学派で,カントの哲学を観念論の方向に徹底したうえで復興させることによって,当時盛んであった自然科学的唯物論や実証主義に対抗しようとしたものである。これに属する哲学者としては,その一派であるマールブルク学派のコーエン,ナトルプ,カッシーラー,西南ドイツ学派(バーデン学派)のウィンデルバント,リッケルト,ラスクなどがいる。マールブルク学派はカントに従って自然科学を重視するとともに,論理的構成主義の観念論の方向にカントの観念論を徹底した。…

※「バーデン学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android