コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーニヤース Bāniyās

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーニヤース
Bāniyās

シリアの地中海にのぞむタルトゥース県に属し,ラタキアの南 40kmのところに位置する港湾都市。内陸部の農産物集散地であるが,イラクキルクーク油田からのパイプラインの終点で,石油の積出港としても有名である。

バーニヤース
Bāniyās

シリア南西部,ディマシュク県に属し,ダマスカスの南西約 60km,ヘルモン山麓に位置する村。ヨルダン川の水源と言い伝えられている泉があり,この村の住人は古代はバール神を信仰したが,のちギリシアのパン神信仰に移った。ここからこの村はギリシア人の間ではパネイアスとして知られていた。セレウコス朝のアンチオコス3世が,エジプトのプトレマイオス5世と戦った古戦場。カエサル・アウグスツスにより町はヘロデ大王に贈られ,ヘロデの子フィリッポスが拡大し,カエサリア・パネアスと名づけたことから,カエサリア・フィリッピと呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バーニヤースの関連キーワードシリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android