コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーネット効果 バーネットこうかBarnett effect

法則の辞典の解説

バーネット効果【Burnett effect】

磁化されていない鉄棒を,ある軸のまわりに高速で回転させると,微少な磁化を生じる現象.このときに生じる磁化の大きさ HH=γΩ で表される.ここで Ω は回転の角速度,γ は磁気回転比である.これは,アインシュタイン‐ド=ハース効果*あるいは,リチャードソン効果*(磁性体の軸と平行方向に磁場を加えることで磁性体が回転する)とちょうど逆の現象である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のバーネット効果の言及

【アインシュタイン=ド・ハース効果】より

…これを他のトルクとつり合わせるか,あるいは⊿Mを周期的に変えて共鳴を測定するなどの方法によってγの測定ができる。 アインシュタイン=ド・ハース効果のように磁性体の磁化と回転運動とが関係する現象は,磁気回転効果と呼ばれるが,これにはアインシュタイン=ド・ハース効果と逆に,磁性体に回転を与えたときに磁化が生ずる現象があり,これをバーネット効果Barnet effectと呼ぶ。【対馬 立郎】。…

※「バーネット効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バーネット効果の関連キーワードリチャードソン効果アインシュタイン磁気回転比角速度

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android