バーボンウイスキー(英語表記)bourbon whiskey

  • Bourbon whisky

飲み物がわかる辞典の解説


アメリカ中東部のケンタッキー州主産地とするとうもろこしを原材料に用いたウイスキー。連邦アルコール法では、原料にとうもろこしを51%以上使用し、アルコール分80%以下で蒸留内面を焼いたオーク材の新樽で熟成させたものと規定されている。2年以上熟成させることが一般的。とうもろこしを80%以上使用したものは「コーンウイスキー」ということが多い。◇ケンタッキーバーボン郡でつくられたことから。「バーボン」と略す。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

代表的なアメリカンウイスキー。開拓時代、ケンタッキー州バーボン郡で、農民たちにより、トウモロコシを主原料にしたウイスキーが多くつくられたことからこの名があり、正確にはストレートバーボンウイスキーという。
 アメリカのウイスキーは法律的には三十数種に分類されるが、現実にはストレートバーボンウイスキーとブレンデッドウイスキーの二つがほとんどを占めている。ストレートウイスキーとは、穀類のデンプンを麦芽で糖化(原料の51%以上占める穀類名をつけてよばれるが、バーボンの場合はトウモロコシ51%以上、コーンの場合は同じくトウモロコシ80%以上である)、連続式蒸留機でアルコール濃度を80%未満で蒸留、内面を焼き焦がし炭層をつけたホワイトオークの新樽(たる)に留出液を入れて、2年以上熟成させたウイスキー(ストレートコーンウイスキーの場合だけは古樽または内面を焦がさない新樽で熟成する)である。ブレンデッドウイスキーは、このストレートウイスキーを20%以上含み、残りはライトウイスキー(穀類原料でアルコール濃度80%以上95%未満で蒸留したウイスキー)、またはニュートラルスピリッツ(原料のいかんを問わずアルコール濃度95%以上で蒸留したもの)である。また、ブレンデッドバーボンウイスキーとよばれるものは、ストレートバーボンウイスキーを51%以上含んだもので、そのほかのことはブレンデッドウイスキーと同じである。ストレートバーボンウイスキーは、内面を焦がした新樽に熟成されるため色調が濃く、香味も世界のウイスキーのなかでもっとも強烈である。[鴨川晴比古]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーボンウイスキーの関連情報