パイナップル科(読み)パイナップルか(英語表記)Bromeliaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイナップル科
パイナップルか
Bromeliaceae

単子葉植物パイナップル目の1科。ほとんどが熱帯アメリカ原産。小型の着生植物からパイナップルのような多年草までがある。6枚の花被片は外側 (萼にあたる) 3枚は小さく,内側3枚は花弁状になる。両性花おしべは6本,めしべ子房は下位か半下位のものが多い。穂状花序をなして多数の花が密集する。 44~63属,1400~2000種があり,パイナップルは最も重要な作物であるが,プヤ Puya,ティランジア Tillandsiaなどが園芸植物として知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のパイナップル科の言及

【アナナス】より

…単子葉植物パイナップル科の多年草の総称(イラスト)。花や葉がきれいなため多くの種が観賞用に栽培されている。…

※「パイナップル科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android