コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイプレンチ pipe wrench

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイプレンチ
pipe wrench

レンチ一種で,管類の外周をくわえて回転させるときに用いる作業工具。くわえる口の部分に滑り止めのための鋸刃状の歯が刻まれている。くわえうる最大径の管をくわえたときの全長を呼び寸法 (代表寸法) とする。さらに外径の大きい鋼管には,管に鎖を巻きつけて回転する鎖パイプレンチを使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パイプレンチ【pipe wrench】

一種のスパナで,管類をくわえて回す工具。本体側にある下開き(角度は8度)の植歯と,可動体側の上あごには,管の滑りを防ぐ歯みぞが切ってあり,口の開きはある範囲内で調節できる(図)。呼び寸法はくわえられる最大の管をくわえたときの全長(mm)で示し,200(管径6~20mm)から1200(管径65~140mm)まで8種類ある。回すときは管が口に入り込む方向に回す。なお,管径75mm以上には植歯の代わりに鎖を使用した鎖パイプレンチを用いることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パイプレンチ【pipe wrench】

工具の一。パイプを挟みつけて回転させるために用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android