コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木義徳 やぎよしのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八木義徳
やぎよしのり

[生]1911.10.21. 北海道,室蘭
[没]1999.11.9. 東京
小説家。 1938年早稲田大学仏文科卒業。横光利一に師事しながら勤務地の満州奉天での見聞をまとめた『劉広福』 (1944) で芥川賞を受賞。空襲で焼死した妻子を偲ぶ『母子鎮魂』 (46) ,自伝的作品『私のソーニャ』 (48) ,市井の日常に詩魂を見出そうとした『鳥』 (62) ,『風祭』 (76,読売文学賞) ,『青い儀式』 (88,芸術院恩賜賞) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木義徳 やぎ-よしのり

1911-1999 昭和-平成時代の小説家。
明治44年10月21日生まれ。横光利一に師事。昭和19年応召。同年「劉広福(リユウカンフウ)」で芥川賞。21年復員し,妻子の戦災死を知る。求道的な私小説で知られ,代表作に「母子鎮魂」,「風祭」(52年読売文学賞)など。63年芸術院恩賜賞。平成2年菊池寛賞。芸術院会員。平成11年11月9日死去。88歳。北海道出身。早大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やぎよしのり【八木義徳】

1911~1999) 小説家。北海道生まれ。早大卒。戦中、旧満州での生活に取材した「劉広福」で芥川賞受賞。戦災で妻子を失った体験を描いた「母子鎮魂」など、求道的な私小説で知られる。著「私のソーニャ」「風祭」「遠い地平」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八木義徳
やぎよしのり
(1911―1999)

小説家。北海道室蘭(むろらん)市生まれ。早稲田(わせだ)大学仏文科卒業。横光利一に師事。満州理化学工業に入社し大陸に渡る。1944年(昭和19)に応召、中国の前線に行くが、その直前に書いた『劉広福(リュウカンフウ)』で芥川(あくたがわ)賞を受賞。在満(中国東北)時代に知った中国人工員をモデルにした、人物造形の優れた作品である。復員後は、大空襲で失った妻子への思いを『母子鎮魂』(1946)に描き、続く『私のソーニャ』(1948)で手堅い私小説的方法を確立した。その後『摩周湖』(1950)、『風祭』(1951。読売文学賞)、『遠い地平』(1983)、『漂雲』(1984)などの作がある。88年芸術院賞受賞。[高橋広満]
『『劉広福』(『芥川賞全集3』所収・1982・文芸春秋) ▽『八木義徳全集』全8巻(1990・ベネッセコーポレーション) ▽『何年ぶりかの朝――八木義徳自選随筆集』(1994・北海道新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

八木義徳の関連キーワード室蘭市港の文学館坂口 祐三郎長見 義三八木 義徳早稲田文学中村八朗劉廣福風祭忌辻亮一八木黙示

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android