コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウロ三木 パウロ みき

2件 の用語解説(パウロ三木の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

パウロ三木 パウロ-みき

三木パウロ(みき-パウロ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パウロ三木
ぱうろみき
Paulo Miki
(1564ころ―1597)

日本二十六聖人中、日本人殉教者の筆頭にあげられたイエズス会イルマン(修道士)。摂津国(兵庫県東部・大阪府北部)の生まれ。父三木判太夫は阿波(あわ)国(徳島県)の有力な武将で、三好(みよし)三人衆に加わった。4、5歳のころキリスト教の洗礼を受け、1581年(天正9)安土(あづち)のセミナリオ(小神学校)の第一期生として入校、86年8月イエズス会に入る。初め九州地方の布教に従事し、優れた説教家として異彩を放っていた。96年(慶長1)サン・フェリペ号事件に連座して、大坂にて捕らえられた。京都に連行されて片耳を切り取られ、洛中(らくちゅう)を引き回しにされたうえ、97年2月5日(慶長1年12月19日)長崎西坂の丘で十字架にはりつけにされた。これが日本最初のキリシタン大殉教となった二十六聖人殉教事件である。1862年(文久2)列聖された。[宮崎賢太郎]
『キリシタン文化研究会編『キリシタン研究 第八輯』(1962・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パウロ三木の関連キーワード三木パウロヨハネパウロ二世聖パウロ教会サンパウロデルアンダパウロ結晶質パウロ粒度サン・パウロ美術館茨木パウロパウロ=ダ=サンタ=フェサン・パウロ・デ・ルアンダ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone