コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パキスタキス パキスタキス Pachystachys lutea

2件 の用語解説(パキスタキスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パキスタキス
パキスタキス
Pachystachys lutea

キツネノマゴ科の1属で6種から成るが,園芸的には普通パキスタキス・ルテアをさす。メキシコからペルーにかけて自生する亜低木。高さ1~1.5mになる。葉は長さ 10~15cm。長披針形で対生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パキスタキス
ぱきすたきす
[学]Pachystachys

キツネノマゴ科の低木または草本。熱帯アメリカに5種分布する。温室植物として次の2種が栽培される。ルテア種P. lutea Neesはペルー原産。温室内の地植えでは1メートル以上になるが、鉢植えでは40センチメートルほどで、鉢花として普及している。茎頂に倒心臓形、黄色の包葉十数枚が4列に並び、穂状花序のようにつく。本当の花は白色の唇形花で、この穂状についた包葉から横向きに突き出る。コッキネア種P. coccinea Neesはギアナ原産。低木状で高さ1.5~2メートル。花は枝先に密につき、緋紅(ひこう)色で長さ5センチメートル。
 繁殖は挿木による。越冬には5℃を要する。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パキスタキスの関連キーワード狐の孫葉黒草伊勢花火きつねのおきゃくさまきつねのかみさまきつねのでんわボックスキツネノタイマツキツネノマゴコエビソウキツネノヒマゴ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone